引っ越しは部屋をグループ分けしてから片づける

引っ越しの荷造りは効率よく進めるためには、荷造りをするグループを作ることです。
一人暮らしでワンルームの場合には居間グループ、キッチングループ、玄関グループ、洗面・風呂場グループなど用途が近い場所でグループを組んでいきます。
グループにわけてからさらにグループ内で細かくわけていきます。
収納するグループと引っ越しした後にも同じように設置する荷物のグループに分けます。
グループ分けが終わったら、普段使わないものをどんどんダンボールに入れて荷造りをしていきます。
荷物詰めたダンボールには、分けたブロックの名称と何が入っているかをマジックを使ってわかりやすいようにしておきます。
ダンボールの中身をわかりやすくしておくことによって、引っ越し後に使うものから優先的に片づけていくことができます。
ダンボールには今は使わないと予想されるものから入れていくことが効率よく片付けることができるコツとなります。
日常使わないものを詰め終わったら、使うかもしれないものを詰めて蓋を閉めずにしておきます。
必要になったら都度出して使い終わったらすぐにダンボールに戻し当日に蓋を閉めます。
最後に引っ越し前日や当日まで使うものをを梱包して終了です。

短期間で制作可能なのでお急ぎの方でも安心です
自社制作のため、必要なデータ入稿をすれば短期間で自分の選んだオリジナルデザインのスマホケースが作れます。

低周波の音の響きを考える
音のプロだからこそできる技術があります

最新投稿