引っ越しは部屋をグループ分けしてから片づける

引っ越しの荷造りは効率よく進めるためには、荷造りをするグループを作ることです。
一人暮らしでワンルームの場合には居間グループ、キッチングループ、玄関グループ、洗面・風呂場グループなど用途が近い場所でグループを組んでいきます。
グループにわけてからさらにグループ内で細かくわけていきます。
収納するグループと引っ越しした後にも同じように設置する荷物のグループに分けます。
グループ分けが終わったら、普段使わないものをどんどんダンボールに入れて荷造りをしていきます。
荷物詰めたダンボールには、分けたブロックの名称と何が入っているかをマジックを使ってわかりやすいようにしておきます。
ダンボールの中身をわかりやすくしておくことによって、引っ越し後に使うものから優先的に片づけていくことができます。
ダンボールには今は使わないと予想されるものから入れていくことが効率よく片付けることができるコツとなります。
日常使わないものを詰め終わったら、使うかもしれないものを詰めて蓋を閉めずにしておきます。
必要になったら都度出して使い終わったらすぐにダンボールに戻し当日に蓋を閉めます。
最後に引っ越し前日や当日まで使うものをを梱包して終了です。

お客様に合わせた防音工事を大阪でお届け
どの楽器を演奏するのかお聞かせください

格安の企業リスト販売中。テレアポリストならてれぽwinで

大量注文はもちろん小ロットの注文も可能です
ノベルティや個人へのプレゼントなど、目的に合わせて好きな数だけオリジナルのスマホケースなどを注文できます。

話し方セミナー開催中!全国どこでも承り中

カーテンレールの取り付けを業者に依頼するなら総合建築のプロ職人へ
その日のうちに施工させていただきます

最新投稿